入浴時の注意点

入浴には、疲労回復、リラックス、デトックスやダイエット様々な効果があります。

しかし誤ったお風呂の入り方をしていては体に大きな負担をかけることもあります。

特に血圧の高い方、心臓が弱いなどの特病をお持ちの方は、体に無理のない健康状態にあった入浴を心がけてください。

まずお風呂と浴室、脱衣所の温度差に注意しましょう。
脱衣所からなどの寒い場所から、暖かい浴槽に移動することで、血圧の変化が起こります。
その際温度変化が急であれば、血圧も急激に変化し、血管や心臓に大きな負担がかかります。
このような現象をヒートショックと言います。

脱衣所などと浴槽との温度差が大きくなる冬場は特に気をつけないといけません。

かけ湯、かぶり湯などで徐々に体を温めてからゆっくり入浴しましょう。

そして入浴前後はしっかりと水分補給をすることを忘れずに!

コップ一杯の水で心筋梗塞や脳梗塞の危険から身を守ることにつながりますよ。