お風呂ダイエットの方法

お風呂ダイエットとはどんな手順で行うのでしょうか。42℃~43℃がお風呂ダイエットの適温です。やや熱めの湯につかることになりますので、具合が悪い時などはしないでおくべきでしょう。急に42℃の湯に体を入れると負担が大きいので、最初はお湯を体にかけます。かけ湯が済んだら、お風呂に体を入れます。1回の入浴時間は3分から5分ぐらいにして、お湯の熱さに慣れてきたらお湯の中で手を回したりしましょう。お風呂の中で座った状態で、上半身を左右に回したりなど、軽く体を動かします。

 

最初の入浴が終わったら一度バスタブから体を出し、5分ほど体を休ませます。この感に体や髪を洗っておくのもいい方法です。体を休ませ、再び湯に入ってからは、一度目と同様にお風呂の中でのエクササイズを行ってください。二度目の入浴も3~5分で済ませ、5分休憩します。それからまた湯に入ります。この時は、湯温を高めにしても問題はないといいます。

 

のぼせやすくて42度の湯は体がきついという人は、38度の湯に半身浴で入り、時間をかけてダイエットをしてもいいでしょう。お風呂ダイエットは、慣れるまでは、のぼせたりしてしまう事もあります。体調を見ながら無理をしないようにすることが大切です。お風呂ダイエットでは水分が失われるので、しっかり水分補給をすることを忘れてはなりません。