入浴剤の効果

湯船につかるとき 入浴剤は使用してますか?

どうせお湯に入るなら、ただのお湯より入浴剤の入っているお湯の方がいろいろな効果がより得られると思います。

例えば・・・
無機塩類系入浴剤(硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウムなどを主成分とするもの。)

このタイプの効果は塩類が体の熱の放散を防ぐため、入浴後の保温効果が高く湯冷めしにくくなります。
また、汗疹、ひび、あかぎれなどの予防効果もあります。

炭酸ガス系入浴剤(炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムなどとコハク酸、フマル酸、リンゴ酸などを組み合わせたもの。)

こちらのタイプは炭酸ガスの血管拡張作用を有効的に利用したものです。
全身の新陳代謝が促進され、疲れや痛みが回復します。そして体の芯まで温まります。

薬用植物系入浴剤(センキュウ、トウキ、ボウフウ、チンビ、カミツレ、ハッカ葉などの生薬を配合し生薬のエキスを取り出して他の成分と組み合わせたもの。)

このタイプは生薬によって様々ですが、生薬に含まれている化学成分の働きと独特な香りの働きから成り立っています。
血行促進効果や湯冷め防止効果が得られます。
香りによるリラックス効果は脳波や心拍数を落ち着かせてくれています。

スキンケア系入浴剤(セラミド、コレステリルエステル、エステル油、スクワラン、ホホバ油、ミネラルオイルなどの保湿成分を配合したもの)

こちらのタイプは保湿成分が入浴中にスキンケアを行うものです。
特に冬場の乾燥時は入浴中過度に角質中の水分が失われるため、お肌のかさつきが起こりやすくなり、入浴中のスキンケアが大切になってきます。
また 入浴で膨張した皮膚は保湿成分が浸透しやすくなっているため、入浴後は肌がしっとりすべすべになります。

このように入浴剤によって様々な効果が得られます。
ぜひ自分に合った入浴剤を使ってより有効的な入浴をしましょう。